性犯罪・・・

子どもを持つ親からしたら

子どもには絶対に被害者になってほしくない!

と思うものの一つです

 

聞くのも嫌だし、テレビなんかで流れていたら

子どもに見せたくなくて、自分も見たくなくて

自然にチャンネルを換えてしまう・・・

お気持ちとってもよくわかります

 

でも、あなたは子どもに

性犯罪の防犯

って教えていますか?

 

交通事故に遭ってほしくないから

交通ルールを教える

 

誘拐されてほしくないから

知らない人についていかないよ、と教える

 

同じように

性犯罪に遭ってほしくないなら

性犯罪の防犯方法を教えないといけません

 

残念ながら、小学校低学年でも

性犯罪の意味がわからず

性器を見せられても、ポカンとしている子や

下着姿を撮られても気にしない子がいます

 

うちの子にはそんな風になってほしくない!

でも・・・どう教えたらいいのかわからない

そのお気持ちもよくわかります。

 

でも、教えてみると意外と難しくありません!

まずは水着ゾーンを教えましょう!

 

水着ゾーンとは?

 

水着ゾーンとは、

他の人に見せても

触らせてもいけない

自分だけの大切な場所

です

 

この記事を書いているのは7月なので

今後水着を着る機会が多いと思います

そんな時に

「今隠れている場所は水着ゾーンだよ」

と教えてあげてもいいかもしれません

 

「水着を着て隠れる場所は水着ゾーンだよ」

と話すと小さいお子さんにも伝わるかな?

と思います

 

そしてお子さんに伝えて下さい

水着ゾーンは

他の人に見せても

触らせてもいけない

自分だけの大切な場所

 

誰かがその場所を

見ようとしたり

見せてきたり

触ってきたりしたら

大声を出して逃げるのよ

そして、ママに教えてね

 

そして子供には合わせて

大人の中には悪い人がいることや

知っている人でもされたらいうのよ

ということも教えて下さい

 

大人の中に、悪い人がいることについては

仮面ライダーの中にも

ショッカーや敵がいるでしょ?

 

プリキュアの中にも

大人の悪い人がいるよね?

 

なんてアニメとかで例えてあげると

子どもも、そうか!!!

ってなるかなー、と思います

お子さんの好きなアニメに置き換えて下さいね

 

・・・うちの子はトーマス好きで

悪い人が出てこないのが、私の悩みです(笑))

 

でも、これだけでは

まだ足りません。

もう一つ大切なことがあります。

○○ちゃん(くん)の水着ゾーンを

他の人に見られないように

自分でも注意するのよ

 

と、必ず教えましょう!

このことを教えると

 

人前で無防備に着替えたり

人前でだらしない格好をしたり

スカートで足を広げて座ったり

 

なんてことが、よくない事だって

子どもでもわかるはずです。

 

大切なことは

何度も繰り返し教える事!

1度教えても子供は夕方には忘れます(笑)

 

何度も「道路に飛び出さない!」

と教えたように

「水着ゾーン」についても

何度も教えて下さい

 

水着ゾーンを教えることは

ここから先の性教育にも繋がってくる

大切な一歩です

まずはここから始めてみて下さい

 

最期までお読み頂きありがとうございました